街の灯を見下ろすビルの屋上で、全てを思い出した斎藤悠介は、一ノ瀬明里と向かい合う。夜の底で響く呪詛から逃れるために、死の輝きは、なによりも魅力的だった。殺し合い、愛し合った果てに、ふたりはいま、知れ切った結末を迎える。━━それでも、いつか。この命に、価値を見出せるように。!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃(5)が試し読み(立ち読み)できるかチェック!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃(5)の口コミは?


https://twitter.com/kiroku_12345/status/1621915393630797824

君が僕らを悪魔と呼んだ頃(5)が立ち読みできるかチェック!