「お迎えに上がりました。内親王殿下」やさしかった祖母が亡くなり、ロザリアが天涯孤独になったその日。お城から使者がやって来た。美しい侍従長アレイスによれば、ロザリアは亡き皇太子の忘れ形見だというのだ。その日からロザリアの生活は一変する。市場でオレンジ売りとして歌をうたっていた少女は、城で貴族たちの好奇・・・

忘れられた姫君が試し読み(立ち読み)できるかチェック!

忘れられた姫君の口コミは?

口コミを懸命に探しましたが見つかりませんでした。
宜しければコメントをください(;'∀')

忘れられた姫君が立ち読みできるかチェック!