千織の付き添いで訪れたTV局でキョーコが鉢合わせてしまったのは、幼い日からキョーコの胸に暗い影を落とし続ける人物…母・冴菜!キョーコを一瞥し、言葉を交わすこともなく眉を顰めただけで去った母が、後日、弁護士として出演したTV番組で「私に子供はいない」と発言。存在すら否定されたキョーコは?!

スキップ・ビート!(37)が試し読み(立ち読み)できるかチェック!

スキップ・ビート!(37)の口コミは?


https://twitter.com/snDExva5Xr4BnNQ/status/1366258598809014272

スキップ・ビート!(37)が立ち読みできるかチェック!